住宅ローンで損しないための基礎的なお話しをします。

0年0月の投稿一覧

住宅ローンの申し込みに必要な物は?

2011年11月24日(木) 06:01

住宅ローンを借りようと思い、申し込みをしようと思ってもすぐに住宅ローンを貸し付けてはくれません。

まずは、仮審査を通過しなければなりません。

この仮審査を通過すると、本審査があります。

この本審査を通過してやっと住宅ローンの契約となります。

このような流れで進むため、何度も金融機関に足を運ぶこととなります。

必要な書類が足りない、不備があるといったことで何度も何度も行くのは嫌ですよね。

そこで、住宅ローンを借りる前に必要な書類ぐらい把握しておくことをおすすめします。

書類によっては、市役所や不動産屋に行かないといけないのもあるので知っておきましょう。

金融機関によっては多少異なると思いますが、基本的な書類を上げたいと思います。

金融機関の住宅ローン申込書(必要なことは記載し何度か見直しましょう)、他にローンを組んでいる場合は、融資の返済予定表のコピー(自動車ローンなど)、所得証明書や源泉徴収書など過去2~3年間の収入を確認できる書類、自営業の方は納税証明書、勤続年数が確認できる書類(健康保険証のコピーが一般的)、本人確認できる書類(運転免許証やパスポートのコピー)、印鑑証明書と家族全員分の住民票(これはコピーでなく原本)、物件に関する資料のコピー(土地・建物の登記簿謄本、重要事項説明書、売買契約書・請負契約書、建物平面図、公図、物件案内図など)、自己資金が確認できる資料(預貯金なdどの通帳)

以上のように多くの書類が必要です。

何度も自分自身で見直しをして、審査や契約がスムーズに進められるといいですね。

参照サイト

住宅ローン審査落ちた理由は?審査緩い銀行選び!【基準を満たすには?】
住宅ローン審査に落ちた理由を分析し銀行を比較することで、審査基準のゆるい銀行や金融機関を見つけることができます!住宅ローン審査に落ちてお悩みの方におすすめのランキングをご案内します!
xn--f9jd33bya8b0934ah4r7way65f6w0a8xcuu9d.com/

Page Top

Copyright(c)住宅ローンのお得なお話し. All rights reserved.