人生で最も高い買い物といっても過言ではない、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

とはいえ、家は高額な買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という感じは、一般市民にはなかなかできません。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

簡単な方法としては銀行や信用金庫が良いでしょう。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、迷っているという方がとても多いのが現状です。

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、10%の税金を支払わなければなりません。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

住信SBIネット銀行などのネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、店舗がない住信SBIネット銀行などのネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

住信SBIネット銀行などのネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい人達にとても人気があるじぶん銀行の住宅ローンです。

住宅ローンを長年組んでいると、思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

これから先、親との一緒に住むことになっている方に今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

自分の家を購入する時、現金で一括支払いをする。

この様なパターンは、あまり多くありません。

多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねると毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

世の中の景気状態も気にしなければいけませんし人生何が起こるか解りません。

病気や事故にあう事だってあり得ます。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、住宅のためでないものは通常、認められません。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

以上のような危険性やデメリットもあるので、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時的に補う目的で借りるローンの事です。

普通は、家が建ってから住宅のためのローンが始まるので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。

マイホームの資金繰りの役立つのはじぶん銀行の住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

という訳で、申請をすれば必ず通る。

という風な単純なものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低ラインと言われています。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると登録している方だからこそ割引してもらえます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

参考:

関連ページ