リフォームローンの金利が安い銀行の選び方

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。

担保の有無によっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

保証人や土地などの担保がいらないのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は規模が小さいリフォームになります。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録することはないので軽い気持ちで利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

しかし、リフォームローンはじぶん銀行の住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

現実的な返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、考えられる要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数や雇用形態に問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

これらのローンをきちんと返済することがまずは求められます。

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となる工事内容についてですがどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

申請を行う人物についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 体験談が掲載されたランキングサイトを利用するのが簡単です。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

リフォームローン金利比較を行う際は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要でネットで完結できるローンが増えています。

リフォームローンの金利は金融機関によってかなり異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。