NISAの配当金は非課税?確定申告の方法は?

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。税金の確定申告などが問題になる場合もあります。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座開設はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更することができるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から申しまして、確定申告については大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。配当金が多くなる場合には確定申告が必要になることも。それだけ利益が上がると非課税のメリットもさらに大きくなります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座開設は一人一つしか所有できませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いので口座開設におすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、確定申告のキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAには非課税で確定申告がいらないという最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株を例にとってみると、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。もちろん確定申告は必要ありませんよね。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAについて詳しく説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAのリスクは主に2つあります。基本的には非課税ですが確定申告が必要になることも。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

引用元:http://www.kabuho.net/kakuteishinkoku-huyou.html