ニキビで気がめいる・・?

やっぱり、顔にニキビが出来ると気分が滅入ります。
生理前は草花木果どくだみが必須です!でも、実はお肌の調子って内臓の調子と結びついているらしいので、お腹の中の環境を整えたら、結構きれいに消えてなくなります。
快便生活を始めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、不要なものを体から出していったら、吹き出物も消えてなくなります。
お母さんは、幼い頃からとてもニキビ体質でした。
このような母でしたので私も同じように思春期にはニキビが酷く、結婚し子供が生まれ立派な大人ともいえる今でも、甘い物を少し食べるだけでニキビが発生してしまいます。
このような状況もありお顔のお手入れにはとても気を遣います。
悲しいことに3歳になったばかりの私の娘も、少し前から鼻のあたりに角質がつまっていました。
もしこの状況が続くようであれば孫である娘もニキビ肌になりそうなのでとても怖いです。
もしも遺伝であればとても恐ろしくてなりません。
ニキビは思春期に起きる症状で、赤ん坊には起きません。
赤ちゃんに多々見られるのは、オムツかぶれなどが有名なところのかぶれでしょう。
赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、間髪いれずにかぶれができてしまいます。
ニキビはかぶれとは異なります。
赤ちゃんの素肌に何か異常がおきてしまったら、なるべく早く病院で診察を受けてください。
ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳からはニキビではなく吹き出物といわなければならないなんて言う人もいます。
ちょっと前に、珍しく鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「どうしようニキビできちゃった涙」と話すと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、言われてしまいました。