プロミスで借りたらどうなるのかちょっと気になります

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融プロミスなどがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内に限りプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融プロミスが大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融プロミスのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されプロミスのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のプロミスのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

参考:プロミス借りたらどうだった?【10万借りた口コミ】

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融プロミスでも敬遠されます。

銀行の他に、クレジットカードでのプロミスのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で利益を上げています。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融プロミスというのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。